Oxford reading tree(ORT)の日本版・韓国版の違いと価格比較

  • URLをコピーしました!

おうち英語を頑張るママに人気の多読教材Oxford reading tree(ORT)

口コミを見るとよさそうなのはわかるんですが、

ちみみ

中身が複雑すぎる!

ORTはstageが1~12まで分かれており、

その1つのstageの中でもいくつかのシリーズがあり、正直初心者が見ただけでは全くわかりません。

ORTの購入を検討したときに、日本版と韓国版を検討したのでそれぞれのシリーズ展開の違いをまとめました。

  • ORTをどのように買っていいかわからない
  • 日本版と韓国版の違いを知りたい
  • 値段を比較したい

こういった情報がまとめて知りたい方に参考になる記事です。

ちみみ

かなりマニアックなので、心してお読みください!

金額などは2022年5月のものになりますので、ご参考程度に確認ください。

目次

日本版ORTのフルセット

日本版ORTはOxford university pressを参考に記載しています。

公式サイトはこちら⇒https://www.oupjapan.co.jp/ja

日本版ORTフルセットの内容

日本版ORTをフルセットで購入する場合にはstage+1~9の全30パック(180冊)になります。

内容はこうなっています

1つのパックにつき、6冊含まれているため、30パック×6冊=全180冊です。

余談ですが、

もちろんパックごとや、stageごとなどバラで購入も可能です!

楽天などで初心者向けに購入しやすいパックもあります。

英語伝 EIGODEN
¥22,869 (2022/09/25 22:31時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

日本版ORTのフルセットの価格

日本版ORTのフルセット価格は、CD付きか否かで異なってきます。

税込み価格
CD付き138,017円
CDなし120,692円

CD付きは各パックにつき1枚CDがつくので30枚のCDか含まれます。

差額は17,325円。

CDなしでタッチペン対応シールを貼ることで音声本化することもできますが、

後述しますがシール代・ペン代を合わせると36,000円弱かかります。

日本版ORTのタッチぺンと音声シール

日本版ORTには別売りでタッチペン8,800円(税込)もあります。

シールが別売りで販売されているので、自分でシールを貼ることで本の音声ペン化が可能です。

シールは1stageにつき2400~3,300円となり1+~9ステージまですべて音声ペン化しようとすると

シールだけで27,280円(税込)かかります。

フルセットのCDなしの本を音声ペン化しようとすると費用はこちら

税込み価格
ORT本CDなし180冊120,692円
専用タッチペン8,800円
専用シール27,280円
合計156,772円
ちみみ

180冊すべてシールを貼って音声ペン化するのも大変ですし、そこそこの出費です。

韓国版ORTのフルセット

最近Instagramなどでもよく見かけて、使用している方が多くなってきた韓国版ORTについてです。

こちらは、INBOOKSというサイトから韓国の個人輸入先で購入した場合のもので比較したいと思います。

個人輸入は、クレジットカード決済ができず海外送金が必要になり少し手間がかかるので検討には要注意です。

韓国版ORTは音声ペン対応の絵本と、非対応の絵本がありますが今回音声ペン対応の絵本で比較します。

韓国版ORTのフルセットの内容

韓国版は日本版と比較しても種類が多くてより複雑でした。

しかも日本版よりも上のstageまでフルセットに含まれていたので

韓国版のフルセットを見るときには

  1. 韓国版フルセット=stage1+~12+
  2. 日本版と同じセット=stage1+~9

であることを理解する必要があります。

ちみみ

それぞれ見ていきますね!

韓国版フルセットstage1+~12+のセット内容

こちらに韓国版フルセット絵本のラインナップ内容をまとめました。

オレンジは日本のフルセットと共通している部分で、

日本には含まれないシリーズのパックも(黄色い部分)韓国版にはフルセットとして含まれています。

また日本版ではstage9まででしたが、韓国版フルセットはstage10+~12+まであります。

日本版が180冊と比較して、韓国版は348冊!

ちみみ

2倍近くもあります

さらに、INBOOKSではこのフルセット購入をした場合には、絵本とタッチペンだけではなくワークブック等もついてきます。

詳細のセット内容は

  • ORTサウンドブック1+~12+(348冊)
  • タッチペン、説明書
  • ORT 1+~9段階ワークブック(264巻)
  • アイキャンスピーク(5巻)
  • マジックチャート(1枚)
  • オーディオブック(1巻)
  • コンテキストカード 103枚(3パック)
  • ORT 英英辞典(2種類)
  • ブックケース(1個)

使用者の口コミを見るとマジックチャート、オーディオブックはかけ流しにも便利と評判です。

また、ワークも単なる多読に終わらなせない取り組みがしたい人には嬉しいセットです。

韓国版stage+1~9のセット内容

日本のフルセットに近い買い方として、stage+1~9のセットもあります。

カバーしている絵本のラインナップはこちら

カバーしているステージ数は同じですが、含まれるセットが日本より多いので冊数は264冊になります。

韓国版のフルセットと比較すると、

  • stage10+~12+の絵本のセットなし
  • stage1+~6にあったFloppy’s Fictionが含まれない

という違いがあるので、Floppy’s Fictionシリーズが欲しいと思っている方は要注意です。

Floppy’s Fictionシリーズはフォニックスの絵本になります。

セット内容はおまけも含めてこちら

  • ORTサウンドブック1+~9(264冊)
  • タッチペン、説明書
  • アイキャンスピーク(3巻)
  • マジックチャート(1枚)
  • オーディオブック(1冊)
  • マジックキーDVD(5枚)
  • マジックキーの全文が書いてある本(5冊)
  • ブックケース(1個)

ちなみに、ワークブック込のセットもあり、少しおまけでついてくるものが違うのでまとめておきます

  • ORTサウンドブック1+~9(264冊)
  • タッチペン、説明書
  • ORT 1+~9段階ワークブック(264冊)
  • アイキャンスピーク(3巻)
  • マジックチャート(1枚)
  • オーディオブック(1冊)
  • ブックケース(1個)

違いとしてはマジックキーのDVDがつかなくなります。

ワークブックも、マジックキーのDVDも欲しければ単品で購入が可能です。

韓国版ORTセットの価格

韓国版フルセットは音声ペンがはいったものになります。

音声はアメリカ英語のみ。

日本版フル(音声ペン、シール込)と比較がしやすいように、stage+1~9のセットも記載しておきますね。

(送料、手数料は別)

価格
stage1+~12+フル
348冊+ワーク等
194,301円
stage1+~9
264冊+ワークあり
183,421円
stage1+~9
264冊+ワークなし
146,879円
日本版フル
180冊
156,772円

この時のレート1ウォン=0.103円で計算しています。

韓国版には個人輸入になってくるので、ここに送料や送金手数料ものってくるため、+1~9までは値段が同じくらいになりそうですが

  • 日本版より冊数が多い
  • 音声ペン対応本なのでシールを貼る手間がない

ことを考えると個人輸入に挑戦してでも韓国版が魅力的に感じました。

輸入代行のサイトや請け負っている個人の方もいるため個人輸入が不安な方はそちらを利用しても良いかと!

日本版ORTと韓国版ORTの単品購入の場合の値段の比較

セット購入について触れてきましたが、日本版、韓国版ともに各stage6冊ずつの1パックを塊として単品購入が可能です。

少しずつ集めていきたいという場合には、こちらの価格も是非参考にしてください。

日本版韓国版
ペン単品8,80015,587
stage1+4,0992,653
stage24,5063,035
stage34,5063,035
stage45,0343,035
stage55,0343,499
stage66,1383,499
stage77,2054,439
stage87,3594,439
stage97,3594,439
stage10+4,594
stage11+4,594
stage12+5,068

韓国版の価格は、この時のレート1ウォン=0.103円で計算しています。
また、韓国版には別で送料・送金手数料等かかるのをお忘れなく。
日本版は音声シール代込で計算しています。

日本版ORTと韓国版ORTのメリット・デメリットまとめ

日本版ORTと韓国版ORTを一通り調べてみて分かったそれぞれのメリット・デメリットまとめます。

日本版メリット

  • 音声がイギリス英語・アメリカ英語両方に対応している。
  • 製品不良や不備があったときに対応してもらいやすい
  • CD付きにすればかけ流しに使える

日本版デメリット

  • 音声ペン化する手間がかかる
  • 音声ペン対応シリーズが180冊と韓国より少なめ

韓国版メリット

  • 音声ペン対応シリーズが多い
  • 音声ペン化する手間がかからない
  • 冊数当たりに換算すると日本のものより安い

韓国版デメリット

  • 個人輸入の手間ややりとりの不安がある
  • 不良品や不備があったときにも大変

このような感じかなと考えています。

個人的には、韓国版ORTのタッチペンと絵本が魅力的なので

購入するなら韓国版ORTの個人輸入に挑戦したいと思っています。

ちみみ

挑戦したらまた記事にしますね!


CDを買って自分でタッチペン化するならカメレオンリーダーがおススメ!

ちみみ

Twitterではブログ更新情報を発信中!
気になる方はちみみ(@memolanever)をフォローしてね★

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次